モラルハラスメント体験談


「あなたは悪くない」の一言で救われます

もしあなたの友達や知り合いの方がモラルハラスメントで悩んでいたら、ありのままの話を聞いてあげて下さい。

うんうん、と聞いてあげるだけでもいいと思います。

たぶん、あなたの想像している普通の生活とはかけ離れていると思いますが、あまり驚かずに

「それは大変だね」
「あなたは悪くないと思うよ」

と、大らかな気持ちで接してあげると、幾分か救われると思います。

「そんな人から何故早く離れないんだろう?」と相談される度に思うかもしれませんが、精神的にコントロールされているので、その先の行動がとてもしんどいのです。


これは経験しないとなかなかわからないことです。


ただのケンカの相談や愚痴ではないので、あった出来事を受け止めてあげてください。


相談してくる人は、まだモラハラとは気がついていない方が多いと思いますので、当サイト(http://morahara.info/)や「モラハラって検索してみるとわかるよ」と教えてあげるのもいいかもしれません。

このサイトをメールで教える


私が言われて嫌だった事は

「そういうことうちもあるよー」
「ま、ちょっとすれば落ち着くんじゃない?」

など、普通の夫婦喧嘩と思われて、軽く流された事です。


モラルハラスメントは喧嘩にならないんです。
一方的な攻撃ですから、全然違うんです。


「でもさ、うちなんて〜」
と、勝手に相談を相手のペースにされるのもガックリきたことがあります。

答えは自分で出さなくてはいけないので、ゆったり話を聞いてあげるだけでもOKなんです。


「それはひどいね。あなたは何も悪くないんじゃない?」

という一言でパーーっと目の前が明るくなることでしょう。


私は市役所の相談員さんに話を聞いてもらっただけで心が軽くなり、次の行動へと移す事が出来ました。

いまではとても感謝しています。

なかなか親兄弟や友達にはモラルハラスメントの事を理解してもらえませんでした。だから専門の相談員さんに頼りました。

お住まいの近くにある相談窓口を教えてあげるのも助かると思うので教えてあげてください。

どうぞよろしくお願いします。

相談窓口を教えてあげる

▲上へ

TOPに戻る

(C)モラルハラスメント体験談
QLOOKアクセス解析