モラルハラスメント体験談


相談窓口に相談する

あなたが抱えているモラハラの悩みは、残念ですがなかなか理解してもらえない事が多いです。

正しく理解してくれるのはモラハラを良く知っているDV相談員しかいません。

相談員の方は色々な事例をご存知ですし、秘密を守る事も業務として約束されているので、安心して相談出来ます。

いま急ぎで困っていることが無くても
「いま私はこういう状態なんです」と話を聞いてもらうだけでもいいと思います。

何故なら、本当に辛い時って話す気力もわかないからです。
市役所までも行く気にもならないはず。

話すことで少し自分を取り戻せたり、ちょっと見方が出来た感じで、モラハラ加害者に何かをされても、気を強く出来ると私は感じました。

お住まいの市役所なり区役所に相談員がいるか、これを機に調べてみませんか?

どこの課にいるかわからない場合は
「家族のDVに関する相談をしたい」と総合窓口に聞けば、すぐに内線などで連絡し、相談窓口を案内してくれると思います。

ちなみに私の場合は市役所内の生活福祉課で担当してもらいました。
市役所のHPを見ても『女性相談に関する業務(DV相談等) 』となっています。

相談員さん二人と個室に通され、今どのような状態か、この先の事についてなどを相談させて頂きました。

この際にもいつ何があったのか細かい情報があればあるほどいいので、日記や証拠を残しておくといいですね。

決まりによって相談員さんの名前は教えてもらえないので、今後の為に顔を良く覚えておきましょう。


警察に相談する
弁護士に相談する

▲上へ

TOPに戻る


(C)モラルハラスメント体験談