モラルハラスメント体験談


モラルハラスメント体験談3
:俺の失敗はすべてお前のせい

夫がデイトレーダーとして、株の売買をしている時期がありました。

それ自体は一生懸命やっているならいいと思っていたし、私は何もいいませんでした。


ある日、私は幼稚園の役員さんとクリスマス会の計画を練るために出かけた際、ちょうど2人で歩っている時に、ベランダでタバコを吸っている夫が見えたんです。

「あ、あそこが家なんですよー。おーい!見えるかな?」

家は12階なんでなんとなーくこっちみてるなぁ〜ぐらいしか見えませんが、以前は手を振ったときは振り返してくれた事があったので、夫が気がつくように手を振りました。


「あれ?パパさん、見えてないんじゃないの?」

「ん〜?なんか気がついてないのかなぁ?」

なんかおかしいと思いましたが、気にせずにマックに行きました。


ところが、帰ったら

「どうしてくれるんだよ!!!」

と凄い目つきで睨まれ、怒鳴られました。


もうこの段階で頭がパニックです。

え?なに?私、何か悪い事したの??
別に用事なんてなかったよね?
そう考えるうちに怖くてどうしようもなくなります。

「どうしたの?私が何かしたの?」
「さっき手を振ったけど、そのこと?」

「おまえのせいでメチャクチャだ!!どうしてくれるんだ!」

凄い声を上げて怒っているので、謝るしかありません。

「ごめんね、もう絶対に手を振らないから、ごめんね・・・」

「なんとも思わないのかよ!!」

そういわれても、まったく自分で悪いところがわかりませんでした。

今日は出かけてはいけないという予定も無かったし、夫との約束もなかったからです。

お前が手を振ったから、俺の株の取引がメチャクチャになったということだったんですが、会話が成り立たないし、まったく意味がわからないので、ただただ謝るしかない自分にも嫌気がさしました。

自分のミスはすべて妻のせい。

常にモラハラ夫はこの姿勢を崩そうとしませんでした。

⇒次の体験談へ
▲上へ

TOPに戻る

(C)モラルハラスメント体験談
QLOOKアクセス解析