モラルハラスメント体験談


モラルハラスメント(モラハラ)とは

モラル・ハラスメント(通称モラハラ)とは精神的虐待とも言われるDVの一種です。

体への暴力こそありませんが、被害者を精神的に追い込んでいき、息苦しさや辛さ、力が入らない生活を強いられます。

▼モラハラ加害者の特徴
・始めはとても優しい
・些細な事で激昂する
・自分が一番正しいと思っている
・共感性がない
・嫉妬深い
etc...

まだまだありますが、だいたいモラハラ加害者のする事は似ているようです。

自己愛性人格障害(自分の事にしか関心が無く、特別な存在だと思い込む)の傾向がある人物は、モラルハラスメントの加害者となりやすいそうです。

あなたはいま被害に合って悩んでいませんか?

やっと自分の身に起きている事はモラハラなんだと気がついたら、もう自分を責めないでくださいね。

私は結婚して8年間、ずっと夫にモラハラをされ続けられ、何度も家出をし、精神的にかなり辛い毎日でした。

でもモラハラという言葉や意味にたどり着くまでは「自分さえ我慢すれば・・・」と子供もいるのでずっと夫との生活に我慢してきました。

でも今は離婚して、けっして豊かでは無い生活ですが、精神的にとっても楽で、自分らしく生きていると満足しています。 もしあなたが今、毎日辛い日々を送っているなら、私からのメッセージを読んで下さいね。

⇒モラハラ被害者のあなたへ
▲上へ

TOPに戻る

(C)モラルハラスメント体験談
QLOOKアクセス解析